中国の宴会をご紹介!日本でも取り入れられることがあるかも・・?

宴会の楽しみ方

中国の宴会

中国の宴会

ここで、なぜ中国ってなるんですが、とりあえず(笑)おまけということで。

中国式の宴会は、円卓を囲んで中華料理を食べながら行うことが基本なようです。
通常、正面奥に、ホスト役もしくは上役が座って、その反対側にはホストに次ぐ位のものが座り、ホスト側の両脇に客が座るそうです。 宴会におけるお酒ですが、基本は白酒(パイチュウ)を用いて、これを小さい杯に入れて、乾杯し、一気に飲み干します。 しかし、最近ではワインに代える例もあるようです。
最初に出席者全員で乾杯する他は、出席者が他の出席者と言葉を交わしながら、個別に乾杯を繰り返すそうです。
ホスト側が客に酒を勧めるだけでなく、客側もホストの「酒を借りて」乾杯を勧めるようです。 体面を考えて、しばしば、食べきれないほどの料理が用意されるので、浪費をしないように政府が呼びかけることもあるそうですが、実効性は低いようです。
中国では宴会芸が行われる事はまれだそうですが、歌が得意な人が披露をする場合もあるようです。
宴会を通じて、同席者と面識を深めてゆくというのは、他国と同じようですね。


中国の宴会マナー


現代でのビジネスシーンでは、中国とのかかわりも多くなって、中国人と宴会や接待をする機会が出てくると思います。ビジネスでの接待やプライベートでのパーティとさまざまな場面で、実際どんなことに気をつけて、どう盛り上げれば良いのかと困ってしまうことが多いですよね。わたしもいろいろ調べてわかったことがいっぱいあったので、わたしが学んだ「中国式宴会」に関する情報を紹介します!ほとんど、ネットで見たまんまかいていますが・・・・。

座席

 メインゲストを上座に座らせ、メインホストはメインゲストと向き合うように座ります。その他の人は、ゲストとホストを交互に、または男女交互に座ると良いようです。

宴会の流れは?

 1.ホスト役が歓迎の言葉を述べます。
 2.一同で乾杯。(宴会の開始)
 3.ゲストの代表者が、招待のお礼の挨拶と乾杯を行います。

食事

 ホストが「どうぞ」と言うまで箸はつけてはいけないそうです。ホスト側は、取り箸で料理をゲストに取ってあげるなどして、料理を勧めます。 箸を置く際は、常に縦に置くのが原則のようですね。

お酒の飲み方

 一般的には、大き目のグラスと小さ目のグラスの2種類が、テーブルに用意されます。大き目のグラスは飲み物用(ビール、ジュース、水等)、小さ目のグラスは白酒(パイチュウ)用です。中国では「乾杯」は「杯を干す」ということで、基本的に全部飲み干すのが礼儀とされていますが、本当に飲めない場合は、そのことを明確に宣言すれば無理に勧められることはないそうです。また、ただ「乾杯」と言うのではなく、「日中友好のために乾杯」というような表現をすると、さらに場が盛り上がるそうですよ!!

その他、気をつけた方が良いこと

 1.中国の宴会の席では、酔って醜態を見せる事はタブーだそうです。
 2.通訳がいる場合、その方の食事の間合いを考慮して話すこと。
 3.タバコを吸う際には、「まず相手に勧める」がマナーだそうです。
 4.遅刻、途中退出は勿論するべきではないですが、やむをえない場合は、遅刻は主菜がでるまで、退出は主菜を味わってからにすることがマナーのようです。

pickup

水彩色鉛筆
https://www.pen-house.net/brand/brand0074.html

最終更新日:2016/11/18


 

       

Copyright(C) 2008 宴会の楽しみ方