これだけはゼッタイ禁止!!ストップ飲酒運転

宴会の楽しみ方

ストップ飲酒運転

 

全国的に飲酒運転による死亡事故が多発し、交通取り締まりでも飲酒や酒気帯びによる検挙者が増加しています。飲酒運転は重大な事故を引き起こす反社会的行為であるとともに、事故により亡くなられた方の家族だけでなく、事故を起こした当事者やその家族もその後の生活が一変して、大きな不幸をもたらすことになります。

「職場の同僚や友人と飲酒し運転」、「帰宅途中にコンビニ等で購入したお酒を飲酒後運転」、「自宅で飲酒の上、家族を迎えに行くために運転」、「深酒をした翌朝に運転」・・・など飲酒運転を行う背景はほんとにいろいろです。このような光景を見たら、絶対に制止しなくてはいけません。今や飲酒運転は本人の責任だけでなく、見て見ぬふりした周囲の責任も問われます。

過失ですまない飲酒運転!!飲酒運転は犯罪です!!

「ちょっと飲んだだけだし・・」
「自分だけは絶対大丈夫・・」
「つかまらないだろう・・」
「すぐそこまでだし・・」
などといって運転するのは大きな間違いです。
絶対に飲酒運転をしてはいけません!!


道路交通法の一部改正

平成19年9月19日施行の道路交通法により、飲酒運転者に対する厳罰化、さらに飲酒運転ほう助行為者(運転者の周辺者)に対する罰則が整備されました。

ボタン飲酒運転等の罰則引き上げ!
ボタン車、酒の提供の厳罰化!
ボタン同乗することも禁止です!

 
改正前
改正後
酒酔い運転 3年以下の懲役又は50万円以下の罰金 5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
酒気帯び運転 1年以下の懲役又は30万円以下の罰金 3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
飲酒検地(呼気検査)拒否 30万円以下の罰金 3ヵ月以下の懲役又は50万円以下の罰金

 

飲酒運転撲滅は「地域」「家庭」か!

ボタンお酒を飲んだら絶対に運転はしない。
ボタンお酒を飲んだ人には車を貸さない。
ボタン運転する人にはお酒を出さない。勧めない。
ボタンお酒を飲んだ人には運転をさせない。同乗しない。

同乗者に対する罰則強化
 同乗の禁止
違反
罰則
車両の運転者が酒に酔った状態であることを知りながら、自己の運送の要求・依頼をして、その車両に同乗した場合 3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
車両の運転者が酒気を帯びていることを知りながら、自己の運送の要求・依頼をして、その車両に同乗した場合 2年以下の懲役又は30万円以下の罰金

飲酒運転の危険性

アルコールを摂取すると、脳の理性と感情をコントロールする部分や運動をコントロールする部分を麻痺させ、その影響で判断力や注意力、運動能力を低下させるようです。 その結果、一時的に開放的な気分になったり、足元がふらついたり、体のコントロールが利きにくくなって、大きな事故につながるようです。
また、アルコールが運転に及ぼす影響は見た目だけではわからないものです。  飲酒運転は自分の意思、飲酒し運転することに「つい」や「うっかり」はありません。「飲んだら 乗るな」「乗るなら 飲むな」です!!

注目サイト

Last update:2016/8/31


 

       

Copyright(C) 2008 宴会の楽しみ方